読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全タイパワード

好きなものを好きなだけ

イメージソング戦記

雑記 映画

こんばんは、アキラです。

 

日本版イメージソングってありますよね。
僕、アレが結構好きなんですよ。

 

いきなり失礼しました。
まず「日本版イメージソング」について簡単に説明しときましょう。
海外のコンテンツ、主に洋画や海外ドラマを日本で宣伝する際、有名アーティストや売り出し中の歌手なんかとタイアップして制作される歌のことです。だいたいの場合は映画やドラマ本編では流れず、CMや予告編やPVで使われています。
(既存の曲をそのまま使ったり、ただ同時期にリリースされただけの曲を使ったりすることもありますね。)

 

これがまあ、映画ファンからは賛否両論なんですよね。
「賛」としては、「その歌手のファンにも興味を持ってもらえる」
「バラエティ番組や歌番組が映画の宣伝になる」みたいな意見があります。
「否」としては、まず何より「合ってないから」
「作品のイメージを汚すから」
「ダサい」
誰も得をしない」など。さんざんボロカス言われてるのを日々目にする印象です。

 

もちろん、「線引き」は人によって違います。
「新しい層への宣伝になるからいいと思う」
「内容にマッチしていればいい」
「本編で流れない"イメージソング"なら許せる」
「自分が気に入ったものだけは認める」
などなど。
最後のはメチャクチャな暴論のように見えますが、Twitterなどでは意外とよく見るような気がします。タレント吹替とか日本版ポスターにも同じこと言ってる人いませんか?あくまで僕の印象ですが……

 

少し脱線しました。
「本編で流れない〜」という意見を挙げましたが、これは「日本語版主題歌」との違いですね。結構定義は曖昧なのですが、本編で流れるものが「主題歌」、流れないものが「イメージソング」と区別して表記されていることが多いです。

 

さて、肝心の僕の「線引き」について書きましょう。

 

「自分が気に入ったものだけは認める」だ!!!!

 

メチャクチャな暴論です。一応言っておくとなんでもけっこう簡単に気に入っちゃうタイプです。
もちろん「良い」「ダメ」かの話をすると、宣伝になって新しい層のお客が増えるのは喜ばしいことですし、プロモーション的にもいいことだと思います。逆に、本編やエンドロールで流れるのは言ってみれば「本来の作品を改変している」ということにもなるので「ダメ」だとは思います。

 

ここまでウダウダ書きましたが、「好き」「キライ」かの話に移ってみましょう。
結局「その歌自体を好きになれるかどうか」はその歌自体を好きになれるかどうかの問題だと思いますし、好きなら好きだと言えばいいんです。逆に、どれだけ客を集めてようが自分がキライな曲はキライだと言えばいいんですよ。客なんだし。

 

というワケで、正確には「本編で使わない限りまあ別にいいけど、好きな曲は好きだしキライな曲はキライだから、大好きな曲がエンドロールとかで流れると、まあ、許しちゃったりもする」
こんな線引きです。グニャグニャな線ですね。
後出しで正当化するみたいになりますが、別に良いと思うんですよ日本語版主題歌。自分が好きで合ってると思える歌なら。

コレとかもう、最高でしょう。アニメ本編とは全然違いますけど。
(もちろん「改変はイヤ」、あるいは「この曲はキライ」って言う人もいるでしょうけどおれが最高だと思ってるのでこれは最高なのです)
まあ、コレに関しては時代も違うし、引き合いに出すのはちょっと違うかもしれなかったですね。
ていうか「昔のだから」って許されるやつけっこうありません?カッコイイだけで全然意味が違う邦題とか……

 

あとはまあ、個人的に「歌いたい」ってのがあります。
サントラを聴くのも好きなんですけど、やっぱ熱唱したいじゃないですか。カラオケとかで。ヒーロー映画なんかは特に。
いわゆる「主題歌」とか「オープニングテーマ」代わりにイメージソング歌うと、コレがけっこう気持ちいいんですよ。もちろん合ってる(と、自分で思える曲)限定で。

 

というワケで、ここからはおれが選んだ最強のイメージソングたちを一気に紹介していくぜ!
読者諸兄諸姉もぜひ食わず嫌いせず一度聴いてみてくれよな!

(最初からコレがやりたかっただけなのだ!!)

 

まずはコイツだ!!
『Web of Night』/ T.M.Revolution
2004年『スパイダーマン2』

Web of Night (English Version)

Web of Night (English Version)

  • T.M.Revolution
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

サム・ライミ監督直々のオファーを受けて制作された曲。
確か日本語吹替版のエンドロールで英語版が流れてた記憶があります。

Web of Night

Web of Night

  • T.M.Revolution
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

日本語版もカッコイイ!こっちの方がアツい印象。

コレを歌ってる我らが西川兄貴はアニメ『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』でも歌ってましたね!
OP『突キ破レル-Time to SMASH!』

突キ破レル-Time to SMASH !

突キ破レル-Time to SMASH !

  • T.M.Revolution
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ED『Thread of fate』

Thread of fate

Thread of fate

  • T.M.Revolution
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

どっちも大好きな歌で、今でもずっと聴いてます。カラオケでももちろん歌いまくり。

 

続いてコレ!
『0 GAME』/ SPYAIR
2012年『アメイジング・スパイダーマン』

0 GAME

0 GAME

  • SPYAIR
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

こっちはエンドロールで流れた「日本語版主題歌」ですね。

歌詞もそうですが曲調もスパイダーマンっぽくて(特に恋愛関係で悩んでる時の)気に入ってます!

 

アメコミドラマならEXILEに任せろ!!
『BURNING UP』/ EXILE TRIBE
2013年『ARROW』

BURNING UP

BURNING UP

  • EXILE TRIBE(三代目 J Soul Brothers VS GENERATIONS)
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

歌詞もいいし、カッコ良くて勢いのあるダンスナンバーはARROW序盤の雰囲気にも合っててなかなかいいんじゃないでしょうか。主人公オリバーがクラブ「ヴァーダント」を経営してた時はずっとこんなの流れてましたし……

『PAGES』/ GENERATIONS from EXILE TRIBE
2015年『FLASH』

PAGES

PAGES

  • GENERATIONS from EXILE TRIBE
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

こっちはバラード調。バリーとアイリスのことを思うとなかなかどうして合ってるように聴こえてくる(オタクはこじつける生き物なのです)。好きです。

 

変わり種行ってみよう!
『In Memories』/ Wretov
2015年『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』

In Memories

In Memories

  • レトブ
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

悪名高きネタバレ予告で流れてたイメージソング。

正直コレのせいでだいぶイメージ悪くなってる気はしますが、曲自体はけっこう良いんですよ。歌詞も良いし。当時みんなイ〜ンメモリ〜〜ズしか歌えないって言ってたけど……

 

かつてこんなのもあったぞ!
『君の出番だ!アイアンマン』/ 謎の大物芸能人
2009年『アイアンマン』

 

『アイアンマン』『インクレディブル・ハルク』それと『ハンコック』3強ヒーローのDVD発売を記念したプロモーションで制作された、3曲の「応援歌」のうち1曲。

「誰が歌ってるか当ててみよう!」みたいなキャンペーンをやり、正解はくりぃむしちゅー有田という暴走ぶり。

今やったら何もかも非難轟々な気がします。

ぶっちゃけそれっぽい曲にそれっぽい歌詞乗せただけな感じはありますが、まあ悪くはないな……と思って。当時全曲フルサイズ配信してた記憶があるんですがもうやってないっぽい。

 

アメコミから離れてみよう!
『VAMPIRE'S LOVE』/ VAMPS
2014年『ドラキュラZERO』

ドラキュラZEROですよ。好きなんですよ〜〜この映画。

この曲通りのダークな雰囲気もですし、ドラキュラこと主人公ヴラドの、コウモリの群れに変身しつつ敵を撹乱する戦い方も大好き。しかもラストが最高!

ここから「モンスター・シネマティック・ユニバース」が始まっていく……ハズだったんですが、そんなことはなかったぜ!とばかりにシリーズ展開は立ち消えに。

ただシリーズ自体はやりたかったらしく、今度やるミイラ男の映画からユニバース展開するそうです。後から繋げてもいいんだぞ!おれは待ってるからな!

 

ゲームにもイメージソングはある!
『一億分の一の小説』/ UVERworld
2011年『inFAMOUS 2』

前作『inFAMOUS 悪名高き男』の主人公とヒロインの悲恋が好きで、スゲー雰囲気合ってていいな〜〜と思いつつ、このB級映画っぽいPVで超期待しつつ、いざ2やってみたら前作のヒロインなんて名前すら出ませんでした。しかも新ヒロインが2人。洋ゲーなんてだいたいそんなモンですよ……

ゲーム自体はオープンワールドで自由度も高いし、雷撃を中心としたアクションはカッコイイしオススメです。

 

シメはやっぱりコイツだ!
『Out of Control』/ MAN WITH A MISSION×ZEBRAHEAD
2015年『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

ジョージ・ミラー監督も太鼓判を押したという日本語版主題歌。IMAX字幕版以外(たぶん)で流れました。

とにかくイントロが最高!!僕が最初に観た予告編がコレの流れるバージョンでして、この曲がカッコ良かったから観たようなモンです。(それから内容にハマって結局10回以上観ました)

その予告です

ただまあ、映画本編のエンドロールで流れるタイミングがなんだか中途半端なんですよね。

原曲から入って→コレが流れて→また原曲に戻る、みたいな。

せっかくやるならいきなりコレでも良かったのにな、と思ってます。あのラストの引きからこのイントロ流れたらカッコ良すぎて失禁ものでしょう。失礼しました。


いかがだったでしょうか。
メチャクチャ書きましたが、イメージソングの「是非」に関しては今のところ「線引きは人によって色々だよね」くらいの認識でいいんじゃないでしょうか。
何かうまいこと折衷案が見つかると良いですね。
みなさんも、自分はこのイメージソングが好き!このイメージソングから入った!みたいな、オススメの曲があればぜひぜひ教えてください。

 

長文乱文、失礼しました。

お読みいただきありがとうございました。