読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全タイパワード

好きなものを好きなだけ

アメコミとの出会い

アメコミ 雑記

こんばんは、アキラです。

 

昨日の記事にも書いたのですが、僕は「アメコミ」ことアメリカン・コミックス、要するにアメリカのコミック(マンガ)が大好きです。

とはいえやはりアメコミというと歴史も長く、出版された本も膨大、キャラクターもたくさん、あとやっぱりどうしても本国と比べると入手が難しくて、とかで日々勉強中です。

今日はアメコミとの出会いを書こうかと思います。

 

f:id:AQL826:20170104203525j:image

はい。

2002年、サム・ライミ監督『スパイダーマン』です。

というか正確に言うと、

f:id:AQL826:20170104204056j:image

コイツですよ。

アクティビジョン、PS2版『スパイダーマン』!(英語版の画像しかなかった)

もちろん映画も名作ですよね。ライミ版スパイダーマン、三部作とも大好きです。

音楽もいいし、演出もいいし。ジェームズ・フランコ演じる親友ハリー・オズボーンもいい味出してるし。

「あなたの中のスパイダーマンは?」と聞かれると「猪野学」(ライミ版吹替)なんすよ……

 

失礼、脱線しました。

このPS2版、もといゲーム版はいちおう映画のゲーム化という体で発売されました。

PS2とゲームキューブ、あとXboxで出てたようです。

確かスパイダーマンの映画DVDの映像特典に、このゲームの序盤ステージ(強盗との戦いまで)の解説動画が入ってたんですよ。なんで?

それを見たのがきっかけでゲーム屋に走り、おこづかいで購入。たしかパッケージ裏には「映画と同じ声で吹き替え!」みたいなことが書いてありました。

もうお分かりですね。

このゲームの影響で、脳内にはスパイダーマン=猪野学の刷り込み

 

失礼、脱線しました。

このゲーム、もちろん映画の筋に沿ってストーリーが進行していきます。

クモに噛まれスーパーパワーを得たサエない大学生ピーター・パーカー。

育ての親であるベンおじさんを殺した強盗スパイクを追ってチンピラをなぎ倒し、復讐のため倉庫に追い詰めるが、彼は窓から落下してしまう……

「大いなる力には大いなる責任が伴う」

尊敬していたベンおじさんの言葉を胸に、ピーターはスーパーヒーロー・スパイダーマンとして街の平和を守るため戦い始めるのだった。

そして現れる強敵……

f:id:AQL826:20170104212845j:imagef:id:AQL826:20170104212852j:image

宝石店を襲う謎の鳥人と、銀行に押し入る黄色いスーツの男……

 

誰?

こんなの映画には出てきませんよね。

これがアメコミ、というか「『スパイダーマン』というコミック」に興味を持った瞬間でした。

このゲーム、ただ映画をなぞっただけのゲーム版ではなく、原作コミックのヴィラン(敵キャラクター)であるショッカー・ヴァルチャー・スコーピオンなんかが登場するオリジナルストーリーになっていたのです。

中盤からは大ボスとしてグリーン・ゴブリンも登場。純粋にステージクリア型のアクションゲームとしても面白かったですし、グラフィックもキレイでカッコ良く、何度もやりこみました。

それまでも仮面ライダーやスーパー戦隊なんかのヒーローものは大好きだった(いまも大好きですよ)のですが、やはり衝撃的だったのは「ヴィラン」たち。

ゲーム中、ボスとして初めて戦うヴィランとなる「ショッカー」。両腕から竜巻のような衝撃波を撃ち出し、前方にあるすべてを破壊し尽くすのが得意技のヴィランです。

コレがもう、カッコ良くてカッコ良くて。

こんなカッコ良くて強そうな、スパイダーマンと対になるような黄色いスーツの、みたいにキャラが立ちまくった悪役が何人も出てきて。(もちろんライダーや戦隊にも「敵幹部」はいますが、それはそれとして)

しかもみんな、能力の使い方次第で善にも悪にもなれるようなキャラクターたちなんですよね。スコーピオンなんてオズコープの実験から逃げ出しながら登場しますし……

 

と、このような感じでスパイダーマンにハマった僕の前に次々と現れたのが……

アメコミ新潮の邦訳コミック『アルティメット スパイダーマン』

f:id:AQL826:20170104221349j:image

USJ『スパイダーマン・ザ・ライド』

f:id:AQL826:20170104221707j:image

………の、待ち列のトコにあるキャラクター紹介の看板‼︎‼︎

なんですよね〜〜

キャプテン・アメリカって何だよとか思ってました。

ここが僕のマーベル、そしてアメコミというものへの入口になりました。何がスタートになるかはわからないものですね。

 

お読みいただきありがとうございました。

コールソンとマーベルデータベース

アメコミ 映画 ドラマ 宣伝

こんにちは、アキラです。

 

去年から「マーベル・データベース」というものの編集に参加してます。

f:id:AQL826:20170103134620j:image

マーベル・データベース wiki | Fandom powered by Wikia

マーベル公認(かつ、非公式)の世界最大級ファンサイト、MARVEL DATABASEの日本語版です。

要するにWikipediaのマーベル限定版というか、wiki形式(誰でも参加・編集ができる)のデータベース、兼 コミュニティサイトとなっています。

マーベルのコミック、キャラクター、映画、ドラマ、アニメ、ゲーム……などなど、関連コンテンツ全てを網羅する大百科事典を目指して日々頑張ってます。

いちおう管理者をやらせて頂いてるので、ぜひ参加したいという方や質問があるという方はお気軽にご連絡ください。

 

で、このデータベースを運営しているWikia社が併せて運営している「Fan's Voice」というサイトがあるんですが、

Fan's Voice | Fandom powered by Wikia

こちらにもたまに記事を掲載して頂いてます。

ファンの目線からコラムやイベントレポートや考察なんかを載せるサイトです。

今回、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でフィル・コールソンを演じている俳優クラーク・グレッグ氏が初来日されたのでインタビューに行ってきました。

f:id:AQL826:20170103132840j:image

『エージェント・オブ・シールド シーズン3』に先立ち“コールソン”ことクラーク・グレッグが初来日!シリーズ屈指の”愛されキャラ”の素顔に迫る! | Fan's Voice | Fandom powered by Wikia

クラーク氏のファン、MCUのファンだけでなくコミックからのファンにも楽しんで頂けるようなインタビューになっていると思います。

ぜひ読んでみてくださいね。

 

あと、「フィル・コールソン」というキャラクターの経歴とその復活について簡単にまとめた記事も書きました。

f:id:AQL826:20170103135928j:image

フィル・コールソンという男〜影の”アベンジャー”〜 | Fan's Voice | Fandom powered by Wikia

一回死んだキャラクターが生き返るのってどうなのよ?ということにも軽く触れてます。

合わせてお楽しみください。

 

僕とアメコミの出会いとかについてはまた近いうちに書いていこうと思います。

紹介だけではさみしいので、取材の裏話をひとつ。

インタビュー終了後、一緒に写真を撮って頂く機会があったんですが、取材した部屋には最初撮るのにいい感じの場所がなかったんですよ。

で、「この壁のところ良くない?」と声が上がったんですが、でかいソファがデーンと置いてあって邪魔だったんです。

そしたらなんと、サッと出てきたクラークさんが動かし始めて。その場のみんなで「我々でやりますから!!」ってソファに飛び付いたのでした。

インタビューの前後も日本語で挨拶してくださったりインタビュアーの我々を気遣ってくださったりと大変紳士的な方でした。

ずっとあなたのファンです。

f:id:AQL826:20170106010113j:image

ありがとうございました。

ブログはじめました

おしらせ

はじめまして、アキラと申します。

 

生来のオタク気質のせいか、映画・アニメ・マンガ・ゲーム・ガジェットなんかに片っ端から首を突っ込んでしまい、広く深くいろんな趣味をやっています。

これまでは主にTwitterで活動していましたが、

twitter.com

Twitterの文字数で書ききれない感想や紹介、日記や宣伝なんかのためにブログをはじめることにしました。

Twitterと合わせてよろしくお願いします。

 

ちなみに

タイトルを「全身タイツ以上パワードスーツ以下」にしたのは、それくらいの強化服が一番カッコ良いと思ったからです。

以上・以下なのでもちろん全身タイツもパワードスーツも好きです。